« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月16日 (木)

ヨコモ ドリフトラジコン R34

ちょっとした臨時収入があり、買ってしまいました。

P1010231-s

ラジコンです(笑)

でもただのラジコンじゃありません。

ドリフトラジコンです。

ラジコンなんて小学生以来ですが、最近のは

ドリフトするらしいです。

2年ほど前に初めてD1を見に行った時に

ヨコモのブースでドリフトするラジコンを見て

即、欲しくなりました(笑)。

ただ、走れるセット(プロポやらなんやら)を揃えると

4万円近くになる為、どう考えても小遣いじゃ無理。

ずっと欲しいと思いつつ、臨時収入があった為

ついに購入に踏み切りました。

秋葉原のスーパーラジコンでフルセット購入。

プロポ・バッテリー・充電器のセットで\26,400

プロポはスティックタイプだったので、追加料金(\1,470)

払ってホイールタイプにかえました。

それと、モーターも別売りです。

P1010234-s

今はドリフト専用モーターってのがあるんですね。

35Tっていうのはターン数で、簡単に言うとこの数字が

小さい程、高出力なのです。

とりあえず、初心者なのでドリフト用のモーターの中では

一番ターン数の大きい物にしました。

ボディはD1で活躍するBLITZ野村選手が乗る

R34の4ドアです。

ゆっくり時間掛けて組み立てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月14日 (火)

鼻中隔湾曲症“最終回”

またまた続きです(笑)

多血症の為、止血用のガーゼを抜いたら

出血が止まらず、再びガーゼを詰められたのですが

翌日抜いた時には大した出血もありませんでした。

ついに、両方とも開通です♪

手術も術後も結構辛かったけど、ここまでくれば

その辛さも我慢して良かったと思えます。

ガーゼを抜いた後は、様子見の為に入院してるような

もので、熱も下がりはじめテレビ見たり本読んだり

のんびり過ごしました。

そして、入院最終日。

抜糸をして、念願のお風呂にも入れ片付けて

退院です。

自宅に戻る途中、外を歩いたのですが

なんと、10m先で吸ってる煙草の匂いを検知しました。

もう、犬並み?警察犬?とか思っちゃうほどです(笑)

ちなみに、手術費&入院費その他もろもろ合わせて

8万円弱でした。

○民共済に加入していたので、必要な書類を集め

診断書を書いてもらい、送ったところ思わず笑って

しまうような金額が振り込まれてました。

現在、退院して2週間ほど経ちますが退院後は

S先生に紹介状を書いてもらい、一番初めに行った

近所の耳鼻科で週に2度の検診&消毒等してます。

退院の時に言われたのですが、3週間ほどは

カサブタができて、ちょっと詰まると思うけど

だんだん、取れてきてスッキリするとのこと。

確かに、退院して3日目くらいからちょっと詰まってる

ような感じもしたのですが、消毒の時に取れる

カサブタを取ってもらうとまた犬並みになれます(笑)

もう今は殆ど取れて、常時快適です。

以前は、鼻が詰まって集中力が続かなかったのが

今はかなり集中力が持続できるようになった

気がします。

ただ、匂いがわかり過ぎて辛いことも。。。

金曜の帰りの電車の酒臭さとか、香水のキツイ人が

近くにいると、気持ち悪いです(笑)

今悩んでて、このブログに辿り着いた方で

痛そうで嫌だなと思ったらスミマセン。

(全身麻酔だとまた様子が違うと思いますが)

でも、私は痛さを我慢してでもやった価値はあったと

思ってます。

鼻中核湾曲症は命に関わる程のものでもないし

手術をするしないは本人の判断しだいです。

なので、無理にはお勧めしませんが

辛いこともありそうだけど、やってみる価値ありそう

だなと思ってくれる方がいれば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

鼻中隔湾曲症“その後編”

手術編からかなり間があいてしまいました。

実はもう退院から2週間ほど経ってます(笑)

記憶を辿りながら、今までの経過報告です。

無事手術も終わり、苦しい夜を過ごしたのですが

翌日起きた時は、だいぶ楽になってました。

相変わらず鼻にはガーゼが詰まってるので

口呼吸で飲むのも食べるのも辛いし、耳も

痛いのですが、いくらか慣れたみたいで

ちょっとだけ食事(流動食)もできました。

味は全然わからなかったけど・・・

まぁそれでも熱は相変わらず39度近くあり

何かできるという訳ではなく、一日ぐったりと

しておりました。

とにかく明日になればガーゼが取れると思い

それだけを心の希望にこの日は過ぎていったのです。

そして、いよいよ待望&恐怖のガーゼ抜きの日です。

早く楽になりたいけど、痛いと聞いていたので

複雑な気分で耳鼻科外来へ。

S先生「とりあえず、抜いたらちょっと血が出るから

     これ持ってて。」

と銀の容器を渡されました。

そして、ピンセットが鼻の中へ。。。

痛!

なんて表現したらいいのでしょうか?

鼻の奥の皮膚を引っ張られるような感じです。

まぁでも手術中の痛みに比べれば一瞬だし

他の方の話しよりはマシだったかも。

でもね、その後が大変。

血が止まらないんです。

10分経っても20分経ってもボタボタと。。。

手術前の検査で多血症と言われてたので

先生も血はかなり出ると思うと言ってたのですが。

容器が溢れそうです。

ホントにこんなに血出て大丈夫か?ってくらい。

あまりに止まらないので、ついに片方だけ

もう一度ガーゼ詰められちゃいました。。。(涙)

明日、もう一度抜くそうです。

それでも片方は取れたので全然、楽になりました。

しかも今まで詰まってた方のガーゼが取れたので

あまりの通りの良さに手術の辛さも忘れられそうです。

その日からは食事の味もわかるし、耳も痛くないし

だいぶテンション上がってきましたね。

相変わらず熱は下がりませんが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »